FC2ブログ

文系SEの備忘録

零細企業の社内システムを担う、文系SEの備忘録 ただのメモ帳です。

windows10でフォトビューアーを使う方法 ショートカット編

windows10では画像閲覧ソフトの規定プログラムが「フォト」というアプリに変更されました。

windows8でも「フォト」はあったのですが、windows7までのデフォルトだった
windowsフォトビューアーに変更することは容易で、特に問題はなかったのですが、

windows10では、そう簡単にwindowsフォトビューアーを使わせてもらうことはできないようです。

windows10にもwindowsフォトビューアー自体は存在していて、

C:\Program Files\Windows Photo Viewer

にものはありますが、exeとDLLなので、ダブルクリックでは開きません。

ということで、ショートカットを作ってアプリのように見せましょう。

デスクトップで右クリックから新規作成
→ショートカット

項目の場所を入力してください(T):に
以下のように記載。

rundll32.exe "%ProgramFiles%\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll", ImageView_Fullscreen

shortcut.jpg

ほぼpathが通ってるはずですが、通ってなければ、環境変数を設定するか、
フルパスで記載して下さい。

C:\Windows\System32\rundll32.exe "%ProgramFiles%\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll", ImageView_Fullscreen

ショートカットの名前は分かりやすく、
「Windowsフォトビューアー」とでもしておきましょう。

shortcut2.jpg

これで、取り急ぎ、Windowsフォトビューアーを起動させることはできるはずです。

単体で起動しても意味がないとお嘆きのあなた。
大丈夫です。

開きたい画像をドラッグ&ドロップして、作ったショートカットに放り込んでみてください。


ショートカットアイコンが味気ないと感じた場合は、

ショートカットを右クリック
→アイコンの変更
→参照
から

C:\Program Files\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll

を開いてください。
下の一覧に、windowsフォトビューアーのアイコンが表示されるので、
選択してOK→OKと進めてください。

shortcut3.jpg

スポンサードリンク

カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku


理系が基礎的に知っている事がわかりません。

文系プログラマが躓くところに共感できます。

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック