FC2ブログ

文系SEの備忘録

零細企業の社内システムを担う、文系SEの備忘録 ただのメモ帳です。

androidでファイル共有 その2 Solid Explorer

以前から重宝していた無料版のES Explorerですが、最近訳の分からないアプリを勝手に起動するので、
調べてみると、Baiduの文字。
2013年の1月に既に買収されており、何という情弱ぶりw

だって影響なかったし、最近になって挙動おかしかったし…

esswipe.png

こんなのが出始めてやっと気づきました。
何が「ラッキー!」じゃボケェ!
ES swipeなる機能で、単独アプリではなく、ES Explorerに紐づいているようです。

まあ悔やんでも仕方なし。
分かった以上は、代替のファイルエクスプローラーも探さぬうちに、
さっさとアンインストールしてやりましたよ。

皆さんES Explorerの堕落ぶりには呆れているようで、
かなりファイルエクスプローラーは選ばれているようです。

とりあえず条件は、
通常のエクスプローラー機能に加え、
WindowsやNASに繋げること(SMB接続)
Android自身をFTPサーバーに出来ること
内のへなへなAndroid 4.0.3で動くこと
出来れば無料。

ということで見つけたのは
Solid Explorer Classic

2画面操作がにくいこんちくしょーです。

操作方法などは置いといて、
早速接続方法です。



1.
ウィンドウズ側の設定

共有したいファイルが保存されているフォルダを共有設定にします。

プロパティ
→共有タブ
→詳細な共有
→このフォルダを共有するにチェックを入れる
→アクセス許可
→追加
[選択するオブジェクト名を入力してください]にwindowsのユーザーアカウント名を入れ
アクセス許可レベルを設定し
→OK

ESではEveryoneで接続できていましたが、
ユーザーアカウントがないとはじかれました。

Windowsでは接続する標準ユーザーアカウントを、
NASでもユーザーアカウントを作っておきましょう。
パスワードは必須です。


2.
Solid Explorer Classic


・SMB接続
新規
→SMB接続
→サーバーの横のスキャンをタップすると、
ネットワーク上のアクセス可能なコンピュータが見つかるので該当の端末を選びます。
→認証方法で[パスワードを毎回確認する]か[パスワードを暗号化して保存]を選びます。
それぞれ先ほど作成したユーザー名とパスワードを入力します。

・FTPサーバー接続
メニュー
→ファイル共有
→必要な共有ディレクトリを設定し、
パスワードをここで適宜設定します。
開始をタップして、後はWindows側のブラウザでサーバーアドレスを入力し、
ユーザー名[admin]と先ほど設定したパスワードを入力します。


ログイン失敗となった場合。
・パソコン側、NAS側でユーザーアカウント(パスワード付き)を作成しているか
・その正しいアカウント、正しいパスワードでアクセスしているか
・共有フォルダにそのユーザー名のアクセス許可はあるか、
などをチェックしてみましょう。
(アカウント設定後は再起動が必要なこともあります。)



また、Windows10以降では
SMB1.0がサポートされていない場合もあるので

コントロール パネル
→すべてのコントロール パネル項目
→プログラムと機能
→Windowsの機能の有効化または無効化
□SMB1.0/CIFSクライアント
□SMB1.0/CIFSサーバー
にチェックを入れてください。
(再起動が必要なこともあります。)

これらをチェックしてみて下さい。
関連記事

スポンサードリンク

[ 2018/06/19 01:39 ] android windows 共有 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku


理系が基礎的に知っている事がわかりません。

文系プログラマが躓くところに共感できます。

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック