FC2ブログ

文系SEの備忘録

零細企業の社内システムを担う、文系SEの備忘録 ただのメモ帳です。

前方互換、後方互換、上位互換、下位互換

説明するのに訳が分からなくなるときがあるのでメモ。

分かりやすいように扱うアイテムはニンテンドーDSとゲームボーイアドバンス。

ニンテンドーDSのゲームソフト規格が、他の機種で使えるかどうかで考えます。

「前方」は前の時代のものだからゲームボーイアドバンス

「後方」は後の時代のものだからニンテンドー3DS

つまり、
DS規格はニンテンドー3DSで使えるので後方互換性がある。

DS規格はゲームボーイアドバンスで使えないので前方互換性がない。

と言えます。



混同する点としては、
ゲームボーイアドバンスソフト規格がニンテンドーDSでも使えると言った状況ですが、

規格がゲームボーイアドバンスソフトになるので、基点が移ります。

つまり、
アドバンス規格はニンテンドーDSで使えるので後方互換性がある。

アドバンス規格はゲームボーイカラーで使えないので前方互換性がない。

となります。



さらに、ここで多くの人が混同するのは、人によっては互換性がある/ないの表現を、
基点となる規格で捉えたり、規格を扱うシステム側で捉えたりする点と、
表現している人が、そもそも意味を間違えている点です。
そして間違っている人ほど言葉が足りない…

例えば、
単純に「ニンテンドーDSの後方互換」と言ったとき、

「(アドバンス規格の)ニンテンドーDSの後方互換」の話なのか、
「ニンテンドーDS(規格の3DS)の後方互換」の話なのか紛らわしい。

実は、どちらも後方互換性を有するので、問題ないのですが、
この発言者が、果たして前方互換と後方互換を正しく認識しているか定かでないと、
意味合いが全く逆になります。

「(アドバンス規格の)ニンテンドーDSの後方互換」
であれば、互換性はある。

「(3DS規格の)ニンテンドーDSの前方互換」
であれば、互換性はない。

「ニンテンドーDS(規格の3DS)の後方互換」
であれば、互換性はある。

「ニンテンドーDS(規格のアドバンス)の前方互換」
であれば、互換性はない。

となります。

なので人に説明する場合は、規格とシステム両方を明確にしておかないと、
誤解を招くことになるので注意しましょう。

逆に、規格とシステム両方を明確にしておけば、前方だろうが後方だろうが、
間違っていても意味は通じるので、ここは必ず明確にしておきましょう。



また、似たような言葉で、上位互換と下位互換というものがあります。

上位と下位は、そのシステムのグレードで捉えればいいので、割と明確。

大体が上位クラスのシステムは下位クラスを包括している場合が多いので、
上位互換を備えている場合が大半。

ここで注意したいのは、上位/下位互換は基点が規格ではなくシステムを指す点。



新たなシステムが開発/発売されると、前時代のシステムは、多くの場合性能が劣るので、
これを前方を下位、後方を上位としてしまう場合が多いようです。

前述の通り、前方/後方では規格基点、上位/下位ではシステム基点であるので、
混同するのは当然です。

やはり、規格とシステム両方を明確にしておくのが良いように思います。

スポンサードリンク

[ 2018/09/27 04:11 ] 互換 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku


理系が基礎的に知っている事がわかりません。

文系プログラマが躓くところに共感できます。

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック