FC2ブログ

文系SEの備忘録

零細企業の社内システムを担う、文系SEの備忘録 ただのメモ帳です。

Windows Updateでエラーが発生する場合。原因の更新プログラムはアンインストール

Windows7でWindows Updateが繰り返し80073701エラーではじかれてしまう場合。

ログを確認して、原因となる更新プログラムをあらかじめアンインストールしてしまいます。

C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log

というファイルがログファイルですが、
サイズが大きいので、読み込み可能なテキストエディタを用意してください。

「, Error」
「Error 」

などの検索ワードで日付,Errorとなっている個所を探し、
当該行に書かれている、更新プログラムをアンインストールします。

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能\インストールされた更新プログラム

からアンインストールしてください。

スポンサードリンク

[ 2018/08/24 16:49 ] Windows Update | TB(0) | CM(0)

windows10でエクスペリエンスインデックスを使う

Windows7では簡単に使用できていたエクスペリエンスインデックスですが、
Windows10では、見られなくなりました。

あまり使用頻度の高いツールではないものの、システム全体を点数で評価してくれるので、
一つの指標になる便利ツールです。

ふと気づいて使おうとするとWindows10には、どこにも見当たらない訳ですが、
どうやら内部的にはちゃんと使えるようで、ひと手間かけると使えるようになります。

ちなみにWindows7では、コントロールパネルからシステムで一目で確認できます。

Windows10では、powershellを使います。

スタートメニューからWindowsPowerShellを管理者権限で起動します。

場所は
C:\Windows\System32\WindowsPowerShell

コマンドラインに

get-cimInstance win32_winsat

と入力してEnter


winsat formal

で計測テストの結果を見ることもできます。


スポンサードリンク

[ 2018/08/09 04:17 ] windows10 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku


理系が基礎的に知っている事がわかりません。

文系プログラマが躓くところに共感できます。

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック