FC2ブログ

文系SEの備忘録

零細企業の社内システムを担う、文系SEの備忘録 ただのメモ帳です。

Windows10でディスクアクセスが100%になる 対応策

Windows10で突如として動作が重くなることがあります。

タスクマネージャーからディスクアクセスを確認すると
Cドライブが割り当てられているディスク0が100%付近に張り付いたまま、
ほとんど下がる気配がありません。
このままでは簡単な操作もままなりません。

正直なところ、解決策は見つかっていませんが、
多少なりとも改善する方法があったので、試してみる価値はあると思います。

1.Windows Updateの更新プログラムチェックを手動で行う


自動更新にしているはずなのですが、実際手動で行うとしれーっと更新プログラムをダウンロードし始めることがあります。
この要求をしっぱなしになっているという説もあるので、更新しておきましょう。

スタートボタン
→設定
→更新とセキュリティ
→更新プログラムのチェック

2.SuperFetch(SysMain)という機能を無効にする


SuperFetchは使用履歴からアプリを高速で立ち上げてくれる機能らしいのですが、
ディスクアクセスが100%だとまるで起動してこないので関係ないですね。
今はSysMainという名前に変わっています。

スタートボタン右クリック
→コンピュータの管理
→サービスとアプリケーション
→サービス
→SuperFetch(SysMain)を探し出して、右クリックからプロパティ
→スタートアップの種類を[無効]
→サービスの状態を[停止]に変更して適用
→OK

3.自動メンテナンスを止める


コンピュータを使用していない時にスケジュールされたメンテナンスが実行されます。
使っているのに動き始めていたら止めましょう。
当然使わない時間帯にスケジュールしておくのがいいと思います。

コントロールパネル
→セキュリティとメンテナンス
→メンテナンスの停止

コントロールパネル
→セキュリティとメンテナンス
→メンテナンス
→メンテナンス設定の変更

4.他


上2点で改善しないと、そもそもディスクが故障目前の可能性も
ディスクノエラーチェックをしてみましょう。

あとは、常に負荷をかけているアプリを使っている可能性もあります。
使っているソフトなら分かりますが、使わないのにスタートから常駐で裏で走っている奴は止めておきましょう。
当方OneDriveなんか使っていなかったので、アンインストールしておきました。

Windows Searchのインデックスを減らす方法もあるようですが、
こちらは無効にすると不具合の可能性もあるので利用環境に合わせてやってみます。

スポンサードリンク

[ 2019/03/05 17:59 ] windows10 | TB(0) | CM(0)

Windows10でプログラムの変更、アプリの関連付けが出来ない場合 設定方法

通常、起動するプログラムの設定、ファイルとアプリケーションの関連付けは
右クリック→プロパティ→変更と進み、
目的のアプリケーションを選ぶという流れでした。

ほとんどのアプリケーションがこれで変更できるのですが、
一部変更できない拡張子やアプリがあるようです。

その場合は、
スタートから設定(歯車のマーク)
→アプリ
→既定のアプリ
→下部にある「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」
→目的の拡張子の横にアプリケーションが表示されているので変更します。

スポンサードリンク

[ 2018/11/08 13:35 ] windows10 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku


理系が基礎的に知っている事がわかりません。

文系プログラマが躓くところに共感できます。

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック